業務日誌

東京農業大学(元三重大学)教員による業務日誌です。農業経営学の見地から,食料・農業・農村・環境の問題を考えています。

8月30日(火):残り1日(PCR検査)

ついに残り1日。昨日よりも朝は冷え込んで11度台。日中は20度まで上がったが、秋の気配は着々と強まっている。

  • 昨日から引き続き来月(来週)の学会関連のやりとり。昨日上がった案件は本日にて一応決着。
  • 研究室動画チャンネル関連。次に編集予定の動画ファイルの整理。次はフィンランド編最後。一旦了。

本日のヘルシンキ

  • ロシア国籍者への観光ビザ発行制限が具体化。9月より、毎週月曜に100名のみ受付に。前にも書いたが、他のヨーロッパ諸国へのトランジット国として利用されることを忌避した形。
  • 「注射針攻撃」の話。フィンランドでも、あるフェスティバル会場で被害者が出たそうだが、ヨーロッパでは増えているという。そのうち日本でも同様の被害が出るのかと思うとゾッとする。
  • フィランドの食料品・飲料品(アルコール除く)の価格は、7月に前年同月比で 12.4%上昇。インフレ率が7.8%上昇だから、物価全体よりも食料品価格の上昇の方が大きいことを意味する。一方、小売の売上は0.7%増にとどまっており、つまりは消費者がさまざまな形で買い控えているということ。

本日の帰国準備。帰国便搭乗予定日まであと1日。

  • 朝にPCR検査。お金はかかるが検査は一瞬。夜に結果が届き、無事に陰性。
  • 滞在中に開設していた銀行口座の解約手続き。色々あって本日の解約はできず、後日解約後、残金を日本の口座に送金してもらうことに。ギリギリまで残高を落としてあったのは不幸中の幸い。
  • ヘルシンキのラストジョギング(笑)。いつもの大学寮周辺の自然豊かな環境と異なり、市街地のコースを1周。東京でいう皇居一周のようなイメージか。
  • 帰国に際してのファーストトラック登録(MySOS)。面倒だなと思いつつも、手続きすればいいんでしょ?という開き直りもある。登録自体は無事に了。

ということで、あとは荷造りをやり直し、MySOSの審査終了を確認しつつ、空港に向かうだけに。フライトは夕方なので、午前に少し仕事をしつつ、最後にどこに行こうか思案。