業務日誌

東京農業大学(元三重大学)教員による業務日誌です。農業経営学の見地から,食料・農業・農村・環境の問題を考えています。

6月4日(土):週末作業1

日本と比べてはいけないが、ここ数日のヘルシンキの天候は不安定。今日も晴れたと思えば雨が降ったり。

  • 予算執行作業。学会費支払いなど。
  • 研究室ブログ更新。
  • 院生の学内発表会報告資料確認。
  • 派遣元大学の先生とのやりとり。内容は授業やら入試広報やら。しっかりやりとりできるのは週末、ということか(苦笑)。
  • 昨日「修正の上採択」と連絡がきた論文の修正。微修正なのでサクッと了。見直して、週明けに提出予定。
  • 研究室動画関係。1)前回収録分の動画ファイルを整理して編集へ回す。2)フィリピン大学の先生とオンラインで繋ぎ、新たな録画収録。3)今後の動画作成プランのアップデート。

本日のヘルシンキ

  • 学校年度が本日にて終了。7月末まで夏季休業。高校以下はよくわからないが、大学は新年度は8月開始、授業は実質的に9月スタート。余談だが、自分が学科で与えられているデスクも、7月末までに返上して8月に着任する新スタッフが使えるようにしてもらえればと打診を受け、快諾したところ。大学スタッフ含め、夏至の頃までは皆さん働くが、夏至がすぎると7月いっぱいは休暇で不在になることが前提。
    • 自分の業務も、フィンランド関係については7月はほぼ開店休業と想定されるので、日本向けの業務を行いつつ、せっかくなので休暇も楽しむ算段。まだ予定は立てられていないが。
  • ヘルシンキ中心部で毎年恒例の軍事パレード。ここ2年はコロナのため中止されていたので3年ぶり。交通規制は当然だが、ウクライナ問題、NATO加盟問題というタイミングでの開催。自分はWEBニュースを見るだけで、現物を見にいくこともなし(笑)。

明日は休もうかという思いと、7月にマルッと休むなら、夏至までは働いたほうがいいという思いでちょっと悩みどころ(笑)。